セックスをするだけの関係ってそんなに悪く言われなければいけないことなのか

Date: 2016年1月6日 Posted by: v9CSGNZn In: diary

好きな人と愛情を確かめるために私たちはセックスをします。
きわめて動物的であるものの、一発で愛情を確かめることが出来るため非常に合理的な方法と呼べるのではないでしょうか。
セックスをする相手にもいくつかのパターンがあり、恋人とセックスをする、ソープランドでセックスをする、そしてセフレとセックスをするの3つがありますね。
ところが、セフレとセックスをすることは悪いことなどとみなされることがあります。
これは一体どういうことでしょうか。

■日本の伝統的考え方
日本人は昔から「家族」という考え方を大切にしてきました。
結婚をするときには「家と家」がくっつくという考え方をしており、夫婦の関係を全く無視していたのです。
また、性的なことは概しておおっぴらにする物ではないと言うことから若い女性と男性の交際を禁止することもありました。
皆さんも学生時代の校則に「不純異性交遊を禁止する」という言葉があったかと思いますが、まさに「不純」というものこそ性的な関係すなわちセックスだったのです。
それゆえ結婚する前にセックスをすることなど考えられず、できちゃった婚だなんてもってのほかだったのです。

■時代が変わった
ところが今ではどうでしょうか。
中学生や高校生がセックスすることは決して珍しい光景ではなくなりました。
もっともそれに伴って望まない妊娠をはじめとした様々な問題が生まれてきたことは事実ですが、「不純異性交遊を禁止する」という校則も形骸化したのです。性病などの問題もありますからね。せふれとエッチする時は、性病と妊娠に注意しよう
そうなってくるとセックスが悪いことというのはもう若い人の間では語られることのない文化となりました。

■根強く残る抵抗感
「それなら性的なことに関してなぜけちをつけられなければならないのか」と思われるかも知れません。
もしも今の日本非伝統的日本の考え方が全く残っていなければ、「セフレは悪いこと」なんていわれることはないでしょう。
しかし今でも日本の伝統的考え方は根強く残っています。
日本人として生まれた以上そのような教育が家庭内で行われることは珍しくない話で、子々孫々にまでその教育が続いていくわけです。
教育を受けた当人にとってみれば子どもの頃から何度も押しえ聞かされてきたわけですから、「そんなことをしている人は悪い人」と見なすようになるのです。

■本質を考える
そう考えてみるとセフレが悪いことと言うのは本質を突いて考えられたものと言うよりも、形式面から判断されたものになります。
ではセフレとのセックスの本質とは一体なんでしょうか。
それは「性的快楽を求めるためのセックス」の一言に尽きます。
私たち人間は食欲、睡眠欲、性欲の欲求をもっていますから、ある種ご飯を食べるとか睡眠をとると言った当たり前のよくを満たすのと同じようにセックスをしているのです。
何も悪いことではなく、当たり前に欲望を満たしているだけと言うことですね。

■風当たりをどのように交わすのか
本質面から言えば悪くないセフレとのセックスを続けていくためには、世間の風当たりをどのように交わしていくかが重要になります。
セフレを作るような年頃と言えばもう社会的に自立しているわけですから、自分で考えなければなりません。
手っ取り早い手段としては「セフレがいると言うことを公言しないこと」です。
自分の秘密を他人に教えないで、取り繕って生きていれば秘密を他人に明かさない限りそれは真実として成立するからです。
ウソをついているようでなんだか嫌だと思われるかも知れませんが、単にあいては自分のことを知らないだけという当たり前のことです。
あなただって周りの人の情報を全て知っているわけではないでしょう。
世間からの風当たりに負けないためにも、公言しないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ